状況のせいか、自分のせいか。

当社では最近ある検定試験を、私を含む全社員で受講(受験)したのですが、試験前後多くの人が「いやぁー、忙しくて勉強時間がぜんぜん確保できませんでした!」と言いました。

確かに聞きなれない言葉や覚えることも多くて、
簡単な試験ではありませんでした。
でも、オンラインでの受講は2ヵ月前からスタートできる状況でしたので、

仮にその時点からすぐさま
学習をスタートしていたらどうだったのか?

毎日わずか20〜30分でも
学習を積み重ねていたらどうだったのか?

また、2ヵ月で8回程あった週末のうち、
全ての週末を本当に勉強にあてられなかったのか?

そう考えると答えはNOだと思います。

「時間がなかった」のではなく「ギリギリまで腰があがらなったから、時間がなかった」が正解。

ギリギリになって慌ててやろうとすれば当然、家庭のことなど色々ある中で勉強時間を確保するのは難しくなる訳です。

「時間がない=状況のせい」と捉えるか
「時間を作らなかった=自分のせい」と捉えるか。

この考え方がとても大切です。

自分に甘く解釈すれば許されること、言い訳が通用することは、公私でたくさんありますが、それは一時的な逃げにしかならず、自分を本質的に鍛えることにはなりません。

今、会社には「ほんとに忙しいのか?段取りが悪いのか?」という貼り紙がしてあって、社員のみんなに嫌がられています(笑)。

言い訳は、言い訳をする対象がいてはじめて許される事。例えば上司、会社、奥様、等でしょうか…。

自分の人生からは逃げられない。
自分の人生には言い訳はできません。
納得してれば全然OKだと思いますが、
言い訳のない自分に是非なって欲しいと思います。